フリーカメラマンが教えるセブ留学にもっていくならこのカメラ!3選!

スポンサーリンク

セブに留学するにあたり誰しもカメラをもっています。

でかいカメラを首からぶら下げる人。iPhoneで十分という人。

いろいろいました。わたしもいろいろ買いました。

外れもあたりもここでお伝えします!

誰かの役にたちますように!

どうもタツです。

ブログ用、インスタ用、FB用、などなど

写真を活用する機会に恵まれていますがどうせなら満足の写真を撮りたい人、撮れればそれでいい人いろいろいると思います。

もしあなたがこんな人ならこの装備でOKを状況別にご紹介!

ワーホリ・留学をしたカメラマンの端くれによる、海外留学のおすすめカメラ装備です。

■8割の人
■1眼レフデビューしたいひと
■すでに1眼レフを持っている人

では、

■8割の人へ

スマホ

はっきり言ってこれで十分です。iPhone5以降の機種や2013年以降に発売されたスマホであればどのSNSに投稿するにしても十分な明るさ、サイズを保持できます!
動画も撮影できますし、楽しい記憶や経験を記録しておくことが目的ならばもう過剰なほどのスペックがあります!
さらに写真系アプリ、動画系アプリも充実のラインナップ。もう何も言うことはありません。

新しいカメラを買うなんてもったいない!今お持ちのスマホで十分です!
もう一度言います!8割の人はカメラに無駄なお金を使うことはありません!
今持っているそのスマホで十分です!

フィリピンに留学する。もしくはオーストラリアにワーホリするなどよく泳ぐ、よく濡れることが想定されている場合は、

プラス1アイテム 防水ケース!

新たにカメラを買うほどではないけれどあとすこしだけきれいで素敵な写真を目指すために3000円なら払ってもよい人はさらに
プラス1アイテム

これで完璧です!

これ以上の装備はいりません。

なんなら2個目のアイテムはほとんどの人はいりません!

新しいコンデジを買う選択肢は捨てたほうが賢明とアドバイスします。

万能型のデジカメを迷う人はスマホで十分です!

ちょっといい写真を撮りたいのならばカメラよりもアプリを探すほうが効果があります。

それくらいスマホのカメラは高性能です。

■1眼レフデビューのひとへ

写真を趣味にしていきたい!

iPhoneでは取れない写真を撮りたい!

そんな人が留学やワーホリを機に1眼レフデビューすることは多いです。

だいたい10万円程度のカメラ&ズームレンズ2個セットを持ってくる人が多いですがもったいないです!

3万円台の中古でもこれくらいの写真になります。

記念すべき1眼デビューは、

レンズ交換が性に合っているか適性をみる!

という観点から

下記2つのスタイルをおすすめします!

1・型落ち1眼

上位機種が発表されて数年たったかつての7万円台‐10万円台のカメラを
中古でいいです!3-4万円台で手に入れてください。
1眼デビューの難点はレンズ交換式のスタイルが自分に合っているかどうかと、レンズ持ち運びの手間をめんどくさいと感じるかどうかです。これはかなりの個人差があり、満足の写真が撮れた充実感 VS 持ち運びや盗難の不安 の勝負です笑。

青色が素敵なOLMPUSです!

上の写真はこのカメラのさらに1代前のE-PL2で撮影しています!

2から3へのバージョンアップでカメラを地面すれすれまでもっていったとき液晶だけを上に傾けられない仕様がE-PL3以降解消されているので最高です。

このカメラの中古がうまい具合に見つかれば最高ではないかと思っています。

2・小さい1眼

旅行・ワーホリなどの荷物は、

「小さい」「軽い」=正義

です。
これはもうほんとに500gをいかに軽くするかに旅行の快適さがかかっています。デビュー前から大きいものを首から下げる決心は大事ですが、小さい1眼レフは旅行や普段の散歩なんかに大活躍です。むしろ私が趣味用にほしいカメラですがここに紹介します。

このカメラはカメラの心臓部であるセンサーがスマホと大差ないため、今後10年使い続けていく機種には残念ながらなりません。
ただちいさく軽く気軽に交換レンズごと持ち運べることはカメラライフをデビューから3年間は支えられます。
これでだめなら性に合っていないということです。

なお1眼を持つということは素敵な写真、満足の写真を撮りたいということなので下記3点のアイテムも結構重要になります。

・少額のパンレンズ(撒き餌レンズ)
・三脚
・写真編集ソフト

■すでに1眼レフを持っている人

お探しはレンズですよね?
楽しいですよねレンズ沼笑。
私もどっぷりはまってます。

えっとですね、この話には結論がありまして、最終的にたどり着く「大三元レンズ」以外はすべてお金の無駄と思ったほうがいいです。

結局それがほしくなります。中途半端なレンズを買うよりはちゃんとためて、大三元レンズに手を出してください。それ以外いりません。

ただ俗にいう撒き餌レンズは大変重宝します。50㎜のF1.8だけで1日撮ることも全然あります!

もうこれは撮影スタイルですべてが決まることなのでなんともいえませんが

ズームレンズは結局大三元レンズになってしまいました。

もうどうしようもないんです。

だって到達点だもの。欠点がすくなくてすくなくて。

初めからここに行ったほうが最終的に寄り道分の無駄遣いがなくなっていたんじゃないかなって思ったりも。。。そんなはずない!

あの経験は大事だった笑

迷っているあなた。

より経験を!

ちなみに大三元レンズとははこれです。

NIKON Ver.

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II フルサイズ対応Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II フルサイズ対応

CANON Ver.

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8L II USM フルサイズ対応Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8L II USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応

どちらもF2.8 通しのズームレンズ3種です。

いやー最高峰だなぁ。