セブに行くと見える景色。 セブ体験記【はじまり】

スポンサーリンク

セブに行くと日本と違う光景がたくさん目につきます。

そんなセブの日常の光景を写真多めに紹介します。

私が初めてセブの語学留学の存在を知ったのはオーストラリアワーホリのイチゴ畑で韓国人の同僚から留学の話を聞いたときでした。

韓国ではセブで英語力を上げた後にオーストラリアやカナダへワーホリという流れが主流になっているそうです。

その時の「セブの留学は実りが多かった!」という言葉を信じて、2012年にオーストラリアから帰国直後フィリピン留学を決めました。

オーストラリアでの経験から、

「どれだけ評価が高かろうが行ってみないと結局のところ自分に合うかはわからない。」ということを身に染みて知っていたため

フィリピンに4か月間滞在するつもりで航空券をとって、

初めの1か月分だけ韓国系の語学学校を予約して旅立ちました。

のこりの3か月間はいい学校であれば延長すればいいし、別の学校が良ければ別の学校にすればいいと思っていました。

普通であれば、事前に学生ビザなり、ビジネスビザなりを取得しないとノービザ入国の範囲を超えた滞在予定の航空券で入国なんてできないはずですが日本人ならこんないきあたりばったりなこともできます。

むしろ復路の航空券の日付確認なんてされませんでした。

たとえされても、「学校ビザの申請を入国後にします。」といえばOKなんです。(2015年時点では。)

日本って本当にパスポート最強国家のひとつです。

日本人の過去の国外犯罪率の低さと日本が各国に援助しているおかげで

日本のパスポートはほぼ世界最強なんです。

どこにいくにも大体の場合はノービザで最大日数がもらえます。※フィリピンはノービザで最大30日まで滞在できるので、それより多く留学する場合は途中でビザの延長が必要ですが学校に代行してもらうか、自力でイミグレーションセンターに行くことになります。

延長方法はこちらのブログに丁寧に解説してありました。
:フィリピン(セブ島)でビザ延長する方法を徹底的にまとめました。:

さて初日。

初フィリピン、初セブ、初常夏。

飛行機を降りたら夏でした。

当たり前です笑

IMG_1901

そして歩いている人が多い!

IMG_1913

年中夏なので、服屋のラインナップは全部夏物です。

寒くならない気候なので家がなくても生きていきやすい国なんでしょうね、大人子供にかかわらず路上生活者も多いです。

11162196_674714702640110_3479871540193294517_n

日本の戦後ってこういう雰囲気だったんだろうなと街を歩くたびに思っていました。

ゴミが多い。車が多い。色も多い。

467356_260102694101315_1301126520_o 614534_262483273863257_863995882_o

バラックに住む人たち。

620990_260102027434715_1574885468_o

観光地の客と露店

620996_260101367434781_1685717782_o

フィリピンの味 Jolibee

セブはなにもかも多いです。

街を歩いている人も、車も、ごみも、陽気な人も、路上生活者も、話しかけられることも、

何もかも多いです。

到着から1週間くらいはなんだかフワフワした気分で過ごしていましたが、今思い返しても、セブは汚い天国みたいなイメージで思い出されます。

楽しかったんでしょうね笑。

フィリピン人も貧困やストリートチルドレン、ゴミが排水施設に詰まることによる毎年の洪水が問題だと認識していますが、

なにせ規模がでかすぎて何をどう解決していったらいいかわからないというのが本当のところのようです。

何事も身近すぎると異常さを感じづらくなるというのはどこも一緒のようです。

セブについた第一印象は、

「うるさい」

でした笑

車も、人も、町も、クラクションも、バーから流れてくる音楽の音量も

全部うるさいんです笑

人のエネルギーも、空気の汚れも、日本の10倍くらいあるんじゃないかと思います。

日本人はセブ生活4日目程度でのどが痛い人が多く出ます。

あと、うんちが緩くなる人が大量に出ます。

慣れてない菌も多いらしいです。笑

まぁそれも海外生活です。

このブログではここからしばらくセブ体験記始まります。

どうぞよろしく。

では、よい海外留学を!

コメント

  1. […] ・セブに行くと見える景色。 セブ体験記【はじまり】 ・どの程度英語力があればいいの? フィリピン留学編 ・フィリピンあるある 体調にまつわるエトセトラ ・セブ島語学留学記 […]