ワーホリ90日前!「退去告知」をしよう。トラブルを避ける記事4選!

スポンサーリンク

ワーホリへ具体的に進み始めたら

今の生活をまとめ始めましょう。

一人暮らしの人は退去告知の時期です。

ほとんどの賃貸契約は2か月前までに退去告知を行うことが契約書に書いてあるはずですので、退去が決まったら大家さんか不動産屋に告知です。

何かとトラブルが多い敷金の返還ですが、ワーホリへの資金の足しになるためちゃんとした相場とルールを知っておくことが大切。

「だまされる」、「余分な費用を請求される」ほとんどの原因は「相場の値段がわからないこと」と「ルールを知らないこと」です。

「大根1本900円くらいが普通ですよ!、うちは700円で頑張ってます!」と言われても「馬鹿じゃないの?」と思えますが、「よそは25%程度が相場なんですけどうちは入居費の20%を退去時に敷金からもらっています。」と言われて「馬鹿じゃないの?」って思えますか?

相場がわからないってこういうことなんです。

知っておくことは基本的に2つ!
・相場の感覚と退去のルール
・もし詐欺まがいだったら通報する場所はどこか。

下記4記事に書いてあります。(すべて外部サイトに飛びます。)

退去の費用 損をしないために知っておきたい8つの事

敷金トラブルを防ぐ退去時にやるべきこと

退去時の敷金返還における注意点とトラブル対処法(借主向け)

・?引き渡し前にやるべきこと/引き渡しの立会で注意すべきこと

この辺を読んでおくとちゃんとした知識と相場が身に付きます。
一番上の記事だけでもだいぶ効果があると思うので忙しい人はそれだけでも。

よい海外留学を!