セブ留学に変圧器っているの?

スポンサーリンク

海外に行くのに聞きなれないものの一つに[変圧器]ってありますよね。

コンセントの形状が違うとか、電圧が違うとかで

電化製品とセットで悩むものの一つだと思います。

フィリピン留学・カナダワーホリに関しては、コンセントの形状は問題になりません。

(※オーストラリアはコンセントの形状自体が違います!)

なので問題は電圧だけですが、まずPCとスマホは大丈夫です。

基本的にPCとスマホは多国籍で販売することを考慮して作ってあるのでハナから対応してあることがほほとんどです。

AC電源のコンセント部分を見てみてくださいきっと

100v-240vと表記があるはずです。

S_3721518938543

こんなの

この表記がある家電はセブでの使用も大丈夫です。オーストラリアはコンセントの形状が違うのでだめです。

ただ問題になるのは、日本での使用のみを考えて作られている

ドライヤーとか、ヘアアイロンとか、電動髭剃りです。

これがフィリピンの電圧220vに対応していればOKですが日本の100vのみの対応だとちょっと使用は難しい話になってしまいます。

特に熱を出すものは発火の可能性すら出てきますので要注意です。

本体かAC電源部に「対応 100v」とか「対応100-240v」とか書かれているはずなので持っていく予定のものが決まっていれば探してみてください。

「対応100-240v」とあれば、コンセントの形状さえクリアすれば全世界で使用できます。
海外で日本の家電を使うためには

・コンセントの形状

・電圧(100v-240vの表記があるかないか)

以上2点をクリアする必要があります。


手持ちのドライヤーが100vしか対応してなかったらどうすればいいのか。

残念ですが。。。「海外対応品をかうしかない」が現実的な結論になります。

とか

とかです。

ドライヤーみたいな平均1200wの製品をカバーするためにはティッシュペーパーの箱くらいの変圧器が最小になってしまいます。

Amazon検索してみましたがレビューに炊飯器で使用したら壊れましたとかばかりでいいこと書かれている製品が見当たらなかったので変圧器の紹介はしませんが。

変圧器。あるにはあるんです。が、ドライヤー使うためだけに大きめティッシュ箱くらいの面積を占領されるのはあんまり現実的じゃないですよね。

ちゃんと1200wをカバーして220-240vを100vまでダウンできるものは

30000円くらいですし。。。

充電式髭剃りの充電は手のひらサイズで3000円くらいの変圧器でOKなので一考の余地ありです。

ただ、新規購入前に入学予定の学校に問い合わせてみるのもありかもしれません。

もしかしたら備え付けドライヤーとか、前の人が残したフィリピンでしか使えない電圧タイプのドライヤーとかあるかもしれません。

よい留学生活を!

コメント