フィリピン留学する前に!目標を設定しよう!

スポンサーリンク

オーストラリアのワーホリでは長期目標なんて設定しないほうがいい!参照記事:ワーキングホリデーの「目的」と「計画」の違い。とか言いましたが、フィリピン留学においてははっきりとした目標があったほうが良いです。

というかフィリピン語学留学を選ぶ人は、「英会話ができるようになりたい初心者」であることがほとんどなので、やることは正直決まっています。なので「英会話が出来るようになりたい!」というざっくりした目標を「400単語を追加で暗記する!」とか「2分間のスピーチをひとつ丸暗記!」とか具体的にしておくことが大切です。

もしあなたが
・中学と高校で英語の成績得点率40%-70%くらい。
・駅前留学等の英会話に1年以上通ったことはない。
というごく平均的な「英語を授業でやったけど話せる自信なんてない」という日本人であれば、必要なことはまずリスニングです。

おそらく2000単語(ネイティブの4歳後半程度)はおぼろげに頭に入っているはずです。
基本的な文法(否定文や疑問文の作り方、5w1hを使った文章作成)もすでに出来るでしょう。

これだけでは単語も文法もまだまだ足りないですが、それよりも平均的日本人に圧倒的に足りないのは「リスニング」と「瞬間英作文の脳内回路」です。

海外に出てまず英語で困ることの代表は「相手が何言ってるかわからない。」「言いたいことを頭で作っていると時間がかかりすぎる。」の2点です。

セブ留学で留学生が必ずとまどう「Why?」の質問があります。
「What sports do you like?何のスポーツがすき?」
「I like soccer.サッカーです。」

ここまでは結構な確率で返答可能ですが、次の

「Why?なぜ?」

で大体の生徒が詰まります。

「アー・・・ビコーズ・・・エー・・・」
という具合です笑

「昔からやっていたから。」
「好きなサッカー選手がいるから。」
「父親がよくサッカーのテレビを見てたから。」

答えは何でも良いのですが、どの答えも瞬間英作文が出来ないのです。具体的に言うと日本語を頭の中で訳そうとしているので、脳内の英文が完成するまで音声で出力できないのです。

日本語だったらそんなことはないはずです。声に出しながら同時に日本語の文章を組み立てているのではないでしょうか?
きっと半数の生徒は答えは「書ける」はずです。高校入試のほうが断然難しいレベルの英作文をしていますし。
でも答えられません。瞬間英作文と受験用英作文は質が違うので当然です。

そしてその瞬間英作文の回路を頭に中に作っていくことが、英会話の練習です。
「英語が話せる人」の全員がやってきたことです。

さて、ではフィリピン語学留学において目標をどう設定すれば良いのか。

英会話初心者においては

「基礎英文がぱっと出てくること」、「相手が簡単にしゃべってくれたら聞き取れること」この2点が最重要です。

ならば、やることは「聞き取り暗唱」です。

短いスピーチやCD付きの英語の本を使って、基礎英文を音で覚えてしまうと考えなくても覚えた英文が文法的にも単語的にも正しいとわかっているので非常に役にたちます。

たとえば昔のCMで

I wish, I were a bird !

というのがありました。

文法的に解説すると

I wish(私は望む!)

I were a bird.(私は鳥だった。)

となり、前半が現在形で後半が過去形です。こういう文章は仮定の話をするときに良く用いられる方法でどのくらい現実味がないかを表します。日本語でも一緒です。

私が鳥ならいいのに。
I wish, I am a bird.

私が鳥ならよかったのに。
I wish, I were a bird.

私が鳥だったらよかったのに。
I wish, I have been a bird.

文法では仮定形のときは時制をずらす習うと思いますが、別にずらさなくてもいいんです。
ずらせばずらすほど私がこの仮定に現実味を感じていないというニュアンスが強くなります。
同じことを私たちもしていますが、ネイティブも無意識にどれくらいその仮定の話が現実と解離しているかを時制のずれで表します。

まぁ文法的にはいまのところはどうでも良いのです。
ただこの
I wish, I were a bird !
を丸暗記していれば、
「私が男だったらよかったのに!」といいたいときや「もし私ならこうする。」といった文章のときに単語の入れ替えでパッと出てきるようになります。

このようにいろんなパターンの文章を音で丸暗記してしまうと、海外で非常に使えます。
丸暗記の文章が100を超えてくるとだんだん頭の中に英語の表現ゾーンが出来てきて、組み換えも楽になります。

何でも良いです。CD付きの英語本を買って聞きまくってください。もしくは2分くらいのスピーチを丸覚えも非常に効果があります。

効果抜群! 超優良英語教材2選と、ダメ英語教材1選 !!
ワーホリに行く前に!英語が出来ない人が英会話できるようになる、必要な6個の技術!
徹底解説!55秒の英語を聞き取ることができるようになるまで!英語の不安は「すべて」リスニングに自信がないことから来ている!

フィリピン留学に行く目標はなんといっても「英会話」のはずです。
単語数で言うととりあえずの目標は3000単語(熟語もふくむ)、文法でいうと中3まで。知識はこれで十分です。
あとはリスニングと脳内瞬間英作文の回路作りです。私がいうと変な感じですが、こんな英語関連記事をよんでも英語力は伸びません。自分が知らない単語を暗記している時間、英語を繰り返し聞いている時間、誰かと英語でしゃべっている時間、これだけがあなたの英語力を上げます。いいですか!こんな感じの記事をいくら読んでも英語が出来るようにはなりませんよ!筋トレやランニングみたいな地味な時間だけがあなたを「英語はなせる人」にしてくれます。こんな記事を書いている私が言うのもなんなんですけど笑。

絶望したっ!中級までに必要な初級英語の全単語は3278語!
書籍の辞書なんて今更?私もそう思っていました!これが英単語の到達点!

よい海外留学を!