【英語のことわざ】片手足を対価にするか、噛める以上に食いちぎって曲がり角を減らすかの2択を迫られる!

スポンサーリンク

たとえ海外に住んでいる日本人でも、英語の勉強ってほんとしない人はしないですよね笑

まぁ興味があってこんな英語と留学のブログを読んでいる人でも、だいたいの人は読み飛ばすだけで出てきている単語や表現を覚えはしません。

私もなんですが。

「経験から役に立つことを書いてますよ!」

「頻出表現と単語ばっかりですよ!」

「ここの英語、役に立ちますよ!」

・・・ええ、知ってます。

なにをどういってもやらない人はやらない。なんなら記事の英語の部分を読み飛ばして日本語だけ読んで理解した気になる人のほうが割合が多いんじゃないでしょうか。

よーし。わかった。

日本語なのに英語の知識が増えて、実際に耳にしたときに理解できるような書き方を私が見つければいい!

おっけー。そういうことそういうこと。

もうね、日本語だけ読めばいい!笑

それでもこんなブログに来てくれているんです。

英語話したいなーとか

留学行きたいけど英語不安だなーとか思っているんでしょ?

楽に英語話せるようになればいいのになーとか思っているんでしょ?

なんならブログの記事読むだけでいつの間にかスラスラと英語が読めるし話せるようになっていればいいんでしょ?

・・・なりはしない!

なりはしないけど、これ読むだけでもちょっとはましだ!

この日本語、あなたの英語力になります。

なる!きっとなる!
————————————————-

トニー「もおおおぉぉぉぉー!魔の支持者を気取ったやつが違う木に吠え続けたせいで何も進まなかった!結局製図版に戻る羽目になりそう・・・いっそあいつの後ろ姿が見れたらうれしいわ!!」

ジョン「ここで白紙とか・・・片手足を対価にするか、噛める以上に食いちぎって曲がり角を減らすかの2択を迫られる羽目になるぞ。」

トニー「マスタードをカットしなきゃならないんだ、帽子が落ち次第やるしかない、こうなった以上は行動の声のほうがでかい。」

ジョン「そうだよな、こぼれたミルクを嘆いてもだめ・・・か・・・」

—————————————————–

ん?

意味わかりました?笑

さっぱりという人が8割

こぼれたミルクのとこだけわかった人が2割

ピンときた人が2%

と予想してます。

どーもタツです!

これですね、

英語のことわざを直訳しています!

直訳してあたかも日本語の新ことわざみたいにして文章中に取り込んでいます!

考えましたよ!

ことわざ紹介の記事書いていたんですけど、目の前で渾身の記事を軽ーく読み飛ばされたので

「あ、これはほかにもこんな人いるな」と

「なんなら、だいたいの人はこうなんじゃないか」と

「もうちょっと読んでよ!役に立つのに!」と

でも現実として「よっしゃ」となってノートと筆箱を取り出す人などまれであると

なら役にたってねーなと。

・・・このブログのタイトル知ってます?笑

役にたたなければ意味などあるか!

でもね、たぶんですけど、

日本語なら読んでくれるんですよね。

意味の分からない単語が一つ出た時点でその英文は読み飛ばされるけど

日本語は意味が分かるから読んでくれるんじゃないかと

そうだと・・・期待して・・・いる!

今回は「へぇー」と言ってくれるんじゃないかと!笑

さてこの文章ですが、解説が必要ですよね。

————————————————-

トニー「もおおおぉぉぉぉー!魔の支持者を気取ったやつが違う木に吠え続けたせいで何も進まなかった!結局製図版に戻る羽目になりそう・・・いっそあいつの後ろ姿が見れたらうれしいわ!!」

ジョン「ここで白紙とか・・・片手足を対価にするか、噛める以上に食いちぎって曲がり角を減らすかの2択を迫られる羽目になるぞ。」

トニー「マスタードをカットしなきゃならないんだ、帽子が落ち次第やるしかない、こうなった以上は行動の声のほうがでかい。」

ジョン「そうだよな、こぼれたミルクを嘆いてもだめ・・・か・・・」

—————————————————–
ことわざのいみ

魔の支持者
・・・(議論を深めるために)あえて反論すること・ひと

ちがう木に吠える
・・・的外れな発言をしている。猟犬が獲物がいない木に向かって吠えているさま

製図板にもどれ
・・・最初からやり直し。計画段階へもどるさま

彼の後ろ姿が見れてうれしい。
・・・いなくなってせいせいした。

片手足ほどかかる
・・・片手足を売らなければならないほどたくさんのお金がかかる

噛める以上に食いちぎる
・・・自分でこなせる以上の物事を引き受ける。

曲がり角を減らす
・・・節約する・無駄を省く・手抜きをする

マスタードをカットする。
・・・期待に沿う・要求する基準を満たす
◆由来 マスタードは地面に近いところにできるので、「マスタードも切り落とすような簡単なことができない期待はずれ」から転じた説が主流。

帽子が落ちると
・・・ためらわず・すぐに
◆由来 決闘の開始の合図が帽子を落とすことから来ている説が主流

行動の声のほうがでかい
・・・あれこれ議論するより、直接行動することが効果的である

こぼれたミルクを嘆く
・・・どうしようもないことを悔やむ・覆水盆に返らず

さてこれで意味が通じるでしょうか?

もう一度この変な日本語読んでみましょう。
————————————————-

トニー「もおおおぉぉぉぉー!魔の支持者を気取ったやつが違う木に吠え続けたせいで何も進まなかった!結局製図版に戻る羽目になりそう・・・いっそあいつの後ろ姿が見れたらうれしいわ!!」

ジョン「ここで白紙とか・・・片手足を対価にするか、噛める以上に食いちぎって曲がり角を減らすかの2択を迫られる羽目になるぞ。」

トニー「マスタードをカットしなきゃならないんだ、帽子が落ち次第やるしかない、こうなった以上は行動の声のほうがでかい。」

ジョン「そうだよな、こぼれたミルクを嘆いてもだめ・・・か・・・」

—————————————————–

わかりましたよね笑

いわゆる「日常会話」ができるようになったのに相手の言ってることが分からない原因は

「単語・熟語を知らない。」か「ことわざを知らない。」が大半です。

そりゃ知らなきゃこんな感じに聞こえますもんね。わかるわけないです。

なのでいつかはこんなことわざも勉強しなきゃなのですが、

ことわざに関しては注意点が一つ!

英語圏の人はことわざで自分の所属を表すことがあります。

どういうことかというと

貴婦人しか使わないことわざ・男しか使わないことわざ・イギリス人しか使わないことわざ

なんてものが存在するのです。

日本語のことわざに所属を表す機能はないのでわかりづらいですが

日本人が聞きかじったことわざをやたらめったら使うと

自分の所属していないことわざを使ってしまう時があって、

「あちき、日本人の男でありんす。」みたいな非常に微妙なニュアンスの変な英語になりますので

まずは誰でも使っていいことわざから勉強するのをおすすめします。

ただ、一般的な奴はたとえ自分が使うことがない種類のものでも知っていないと意味が分からないのでそのうちやらないといけないですがまずは自分で使える奴からやりましょう

さて、誰でも使っていいことわざ30個用意しました

意味も書いておきました。

直訳も用意したので新しい日本語のことわざとして頭に入れてしまえば英語と日本語の差が減るのでのちのち出てきたときに覚えるのが楽です。

・・・だから読んで!(たのみこむ)

飛ばさないでちゃんと読んで!

できれば覚えて!

やっぱ日本語だけで英語喋れるなんて無理なの!

マスタードをカットするのに英語読まなくていいはずないの!

どうしようもなく時間がないなら日本語だけでもいいです・・・

寝る間を惜しんで悪天候を受けるくらいなら日本語だけ読めばそれでアイディアは取り入れられるのでOKです。

そう、”あやつ”が英語しゃべれないのは私のせい。

おっけー。そういうことそういうこと。

またなんか考えます・・

【ことわざ】 【意味の直訳】 【意味:日本語】
A hot potato 熱いジャガイモ やっかいな問題
A penny for your thoughts あなたの悩みに1ペニー 何考えてるの?
Actions speak louder than words 行動の声のほうがでかい あれこれ議論するより、直接行動することが効果的である
Add insult to injury 傷に侮辱を加える 追い打ちをかける
Costs an arm and a leg 片手足ほどかかる たくさんのお金
At the drop of a hat 帽子が落ちると ためらわずすぐに
go back to the drawing board 製図板にもどれ 最初からやり直し
Ball is in your court ボールはそっちのコートだ 次のステップはあなた次第だ。
Barking up the wrong tree ちがう木に吠える 的外れな発言をしている
Be glad to see the back of him 彼の後ろ姿が見れてうれしい。 いなくなってせいせいした。
Beat around the bush やぶの周りをたたく 遠回しな言い方で探る
Best of both worlds 両方の世界のベスト 両方の良いとこどり
since sliced bread スライスパン以来だね 素晴らしい発見・発明・アイディアだね。
Bite off more than you can chew 噛めないほど食いちぎる 自分でこなせる以上の物事を引き受ける
Blessing in disguise 祝福の偽装 あとでためになるもの・不幸に見えて実はありがたいもの
Can’t judge a book by its cover 表紙で本の中身を判断することは出来ない 見かけで判断するな
Cry over spilt milk こぼれたミルクを嘆く どうしようもないことを悔やむ
Curiosity killed the cat 好奇心は猫をも殺す 好奇心は猫をも殺す
Cut corners 曲がり角を減らす 節約する・無駄を省く・手抜きをする
Cut the mustard マスタードをカットする。 期待に沿う
Devil’s Advocate 魔の支持者 (議論を深めるために)あえて反論すること・ひと
Don’t count your chickens before the eggs have hatched 卵が孵化する前にニワトリを数えるな 不確実なことを勘定に入れて計画を立てるな
Don’t give up the day job 仕事はやめるなよ! へたくそ!

※何気なく歌を歌っている人に「お前は歌が下手だから歌手なんか目指さずに、今の仕事を辞めるなよ!」という由来

Don’t put all your eggs in one basket 卵は1つのかごにまとめるな 危険を回避するために、リスクを分散しろ
Elvis has left the building エルビスはもうこの建物を出ました もう(楽しい時間は)終わったよ。

※エルヴィスのコンサート後、彼を一目見ようとしていた出待ちのファンに向かって流れたアナウンス。が転じて「楽しい時間は終わりだよ。」という意味を持つようになった。

Every cloud has a silver lining どの雲も光の縁取りがついている どんなに困難な状況や悪いことにも何か良いことがある。

名称未設定 1

a bit under the weather ちょっと悪天候を受けてる すこし気分が悪い
Give him the benefit of the doubt 彼に疑惑の恩恵を与える とりあえず信じてみる。

※疑惑がある→まだ有罪ではない→とりあえず信じてみる。となる

Hear through the grapevine ブドウのつるを通して聞く。 うわさで聞く
Hit the nail on the head 釘の頭を打つ まさにその通り!

よい留学を!