どの程度英語力があればいいの? フィリピン留学編

スポンサーリンク

ワーホリにおける英語力の意味を「どの程度英語力があればいいの? ワーホリ編」に書きましたが、今度はフィリピン留学編です。

フィリピンで英語力があるとはどういう意味になるのか。

ワーホリほど意味を持たないというのが簡単な回答になりますが

レベル別に説明していきます。

初心者!

フィリピン留学はオーストラリアやカナダにワーホリに行く前に英語のレベルアップという意味合いで来る人が多いので初心者の割合がとても多くなります。先生たちも単語単語でしかしゃべれない生徒に非常に慣れているので、何も問題ありません。

中級者!

ここで言う中級者は、英語で言いたいことが間違いながらでも言える、伝わる。相手の言っていることがだいたいわかる、というレベルです。このレベルの人がアルバイト等でお金を稼げないのがワーホリとフィリピン留学の一番の違いかもしれません。フィリピンはワーキングホリデービザ連盟に加入していないので、現地で働くためには外国人用労働ビザが必要になりますがこのハードルが高いというのが一つ目の理由です。もう一つは働いても時給が低くて、アルバイト程度では語学学校の費用をペイできないというのがもう一つの理由です。

私も、フィリピンで工事現場でアルバイトでもやってみたいなと聞いて回ったことがありますが日給(時給ではない)で300ペソほどという情報にあたりあきらめました。

上級者

毎日なんなく英語を使っている人。このレベルの人は働こうと思えば働けます。日本企業の現地採用や翻訳家のアウトソーシングという手があります。

フィリピン留学はビザの関係で気軽に働けません。なので英語力が節約にはさほど影響がありません。

しかし、英語ができればできるほど、タクシーでぼられない、道に迷ったら人に聞ける、看板が読める等アクシデントの発生率が減っていきます。

フィリピンでは英語力は生活をスムーズにする意味を持つようです。

よい留学を!

コメント

  1. […] ・どの程度英語力があればいいの? フィリピン留学編 ・フィリピンあるある 体調にまつわるエトセトラ […]