セブに4週間語学留学したい!結局いくら必要なの?

スポンサーリンク

結局いくら必要なの?

誰しも気になるところですよね。

ざっとでいいます。

本当にざっとなので「へー。」程度でお願いします。

4週間セブに留学するためには!

安くて23万円!高くて38万円!

です。

へー。へー。へー。

まず1人部屋なのか、1日に何時間授業を取るのか、成田往復なのか、関空往復なのか、パスポート等はすべて持っているのかなどなど料金がぶれていくポイントは多岐に渡るので本当に大まかですがこのくらいです。

下は大まかな内訳です。

4週間留学 30万3千円バージョン
セブ – 成田 往復 60,000円
入学金 15,000円
授業料 150,000円
海外旅行保険 10,000円
おこずかい 30,000円
SSP(特別勉強許可証) 18,000円
諸経費 20000円
これも本当に大まかです。

航空券は時期にもよりますが往復5万円~7万円です。大韓航空経由の安いプランもネット上には表示されますが、燃油サーチャジや荷物代は含まれていないはずです。
往復29800円と書いてあっても結局は4万円台になるでしょう。むしろ4万円台で往復できれば御の字ではありますが。

授業料に入学金とSSPは基本的に含みません。4週間で12万7000円の留学費用!という広告があっても総額でないので気を付けてください!

また、だいたいの学校は1人部屋と相部屋で料金が違います。いろいろ事情のある人は別ですが、3人部屋、4人部屋で全く問題ないです。むしろそのほうが知り合う人数も増えるし、前からいる人に情報は聞けるしいいことづくめです。

さらに一日何時間授業を受けるコースを取るかでも料金が違います。基本的には1日に4時間、6時間、8時間のコースがあるのが普通ですがもちろんそれぞれ料金が違います。

ちなみに私のおすすめは6時間です。

いろんな人に聞いた感じですが、4時間コースの人は「暇だ」といいます。8時間コースの人は「最後の2時間がつらい」とよく言います。

私の場合はいつも、新しい友達ができるのがうれしい、とか、この年で放課後があるって嬉しい、という風に英語の勉強に加えて人生の夏休みを謳歌することも目標の一つなので必ず6時間です。

4時間授業はわたしよりも目的がバケーション寄りの人はいいと思います。「これは留学ではない!勉強もするバケーションだ!」と自信をもって言える人は4時間で十分です。

物足りなくなれば「Please, give me a lot of homework.」と言えば解決しますし笑

でも8時間の授業をとるくらいならスパルタコースの有る学校でスパルタコースに入るほうがいいのではないかなと思います。「受験まであと1か月!」とか「この留学に人生かかってる!」くらいの意気込みの人ならばきっと満足できます。

ちなみに過半数の学生は6時間です。4時間と8時間は合わせて3割ってところじゃないでしょうか。

持論ですが、セブのマンツーマン授業はワーホリで通う現地の語学学校より全然効果が上がります。
というか私個人はセブの語学留学以上の時間効率で英語が上達する方法はほかにないんじゃないかと思っています。
ワーホリとセブ留学を両方経験しないと比べづらいことですし、個人の向き不向きにもよりますが強制対話毎日6時間はけっこうしんどいです。

5時間目の終わりの休憩とか物理的に息切れしてましたし笑

だって考えてみてください。日本語わからなくて英語わかる人と1時間ふたりきり×毎日6回×1週間に5回なんですよ。そりゃ上達もします。

「昨日鼻水でた。」から「週末のビーチおすすめある?」まで全部英語なんですもの。

なお授業料の安い学校のほうが授業の質が悪いのかという質問があると思います。

答えに困る問題ですが、体感ではどちらともいえないです。

理論上は高い給料を払える企業が質のいい教師を雇える確率は高いのでしょうが、二つ問題があります。

1つ目は、そんなことより先生との相性が大事。

2つ目は、質の低い先生だろうと初心者には関係ない。

ということです。本当の英語初心者・・・例えば

You am a doctor. ←これのどこが間違っているのかわからない人

この場合は教え方とか関係ありませんし。勉強すればするだけ話せば話すだけ伸びます。4週間いればきっと自分の伸びを実感できるでしょう。

おこずかいは週に3000‐4000ペソ程度。節約しようと思えばもっと節約できますし、もちろん逆もいけます。

諸経費は空港使用料とかもろもろです。韓国乗り換えとかの場合、お茶買ったりしますよね笑

そんなこんなで生活スタイルに合わせて総額は変動しますが、ざっとこんなもんです。

楽しい勉強付きバケーションを!