【Manepa Card】マネパカードを申し込んでから届くまでは10日間!

スポンサーリンク

この記事[2018]海外でATMを使う!デビット・プリペイド24種類を比較!で、私の海外ATM用のカードはイオン銀行のVISAデビットと結論付けましたが、マネパは使用手数料が安いし発行無料なのでマネパカードも作るだけ作ってみました。

実際の申し込み

マネパカード公式

マネパカード公式に飛んで、お申し込みはこちらボタンから入力フォームに飛びます。申し込みに関して必要なものは
・本人確認書類(運転免許とか)
・マイナンバー確認書類(通知カードとか)
・あと約20問の入力フォーム記入です。

こんな感じの質問がだいたい20個あります。

このカードは基本的に与信枠が設定されておらず、あらかじめ入金しておいたお金を現地で引き出すだけなので審査に落ちるなんてブラック入りしている以外は無いんじゃないでしょうか。そういえば入力情報に年収やら勤め先やらクレジットカード申し込みにありがちな項目がなかった気がします。

5分で記入できると書いてありますが、10分程度かかりました。でもまぁそんなもんです。
やることは以上。

入力して、確認書類を添付したら作業終了。

申し込み完了のメールを確認します。申し込み直後に

”マネパカード】口座開設申込ありがとうございます”

という件名のメールが来てはれて待機状態に突入です。

そして待つこと2日

”【重要】Manepa Card発行のお知らせ”

という件名で審査完了のお知らせが来ました。ここから発行作業に移るのでしょう。

ですが、こちら側でやることも無いのでまた待ちます。

さらに待つこと8日

カードが郵送されてきました!

申し込みから数えると10日後、こんな封筒で届きます。

内容物は

・カード本体
・ID、PASSを記入した台紙
・海外用WIFIなどの広告
・マネパカードご利用ガイド


です。

あれですねカードが届くと達成感があります。

まだこれからログインとか設定とかあるんですけど。

それはまた次の記事で。
マネパカード公式

良い留学を!