オーストラリアで車を購入するのに必要なこと まとめ

スポンサーリンク

オーストラリアでのワーホリでおすすめが車の購入です。

なくても1年間楽しんで暮らせますが、車があると段違いの景色と行動範囲を獲得できます。

車がないと絶対に見ることがないような
559567_217806198330965_1214045717_n

こんな景色や

540510_217806554997596_90605420_n

こんな景色がわんさかあります。

車を持つと持たないとではワーホリが断然違ったものになるので、お金の使いどころとして優先して悔やむことがないチョイスと言えます。

ざっと古い中古車で30万円(車体)+5万円(保険や登録)

に加えて月々の維持費(ガソリン代)となりますが、出国の際に売ると車体代の80%程度は(売れれば)帰ってきますのでお財布とぜひ相談してみてください。

ただし!注意がひとつ!

日本のあらゆるクオリティが高すぎることが一因でもありますが、

どれだけ安い車を買っても走りはするだろうと思っているとそんなことはありません!

ちゃんとこわれます!

ちゃんと試乗して、ちゃんと確認して、安すぎる車は買わない。

古すぎる車はもっと買わない!

と決めておかないと

(私の様に)

購入3日目で「ガソリン漏れ」という単語を覚え、

1週間目に「ガソリンホースが腐っている」という文章が英語で言えるようになり、

4週間目に「この車エンジンの4気筒目がすごい弱いよ。」というリスニングを理解できるようになり、

50日目に「廃車」とググる羽目になります!

実話です!

道沿いに置いてあった古臭くて「いかにも」な車に一目ぼれしたばっかりに

530224_198766696901582_442231071_n
※この50日後に壊れる。

50日間のオーストラリアドライブヒャッハーのために
546371_296714720418544_1700168635_n
※この45日後に壊れる。

3000ドル+登録料183ドル+修理代344ドル+修理代82ドル

を払うことになります!

389599_353380061390226_637616356_n

※この翌日壊れる。

壊れたら全部ぱぁですよ!

100万円で車を買って、80万円で売るほうが安いんです!

海外で安物買いは危険です。

150765_214733518638233_1909712479_n

※廃車場 in Australia

車を持たないとできない経験もあふれてます!

そう!オーストラリアならね!

ちくしょう!

どーも僕です。

さて今回はワーホリを段違いに広い世界にしてくれる

車の購入のお話です。

・・・説得力?しらん!笑

日本だと、車を買うには車庫証明とか自賠責とかありますよね。

オーストラリアだとどうなるのか、購入の流れを追っていきます。

・車を見つける

・車を購入する

・名義変更

・任意保険加入

・ロードサービス加入

これが普通の流れです。

【車を見つける】

  • インターネットで探す
  • ディラーから買う
  • 路上で売られている車を買う

車を見つける手段としてはこのどれかでしょう
私は路上で売られている車を購入しましたが、オススメ、はしません!笑

普通にインターネットだと思います。

ネットの中古車情報は

・みんなの味方 GUMTREE
・日本人の味方 日豪プレス
・車 in AUS carsales

にあります。

ディーラー情報は「secondhand car 地域名」で検索するとでます。

ブリスベンなら「secondhand car brisbane」とすると「Carsguide」というディーラーがまず出ます。

20160219203028

よくある中古車情報サイトです。「Max Price」を2500ドルにしても100車ほど掲載されたので選べます。

路上の個人販売車はネット検索はできません。笑

偶然見つけてひとめぼれ以外は買わないほうがいいでしょう。

【車を買う】

お気に入り、もしくは自分の購入条件を満たした車を見つけたら連絡です。

販売者はE-mailでの連絡にはさほど反応が良くないという記事を書いてあるブログ(※別ブログへ飛びます。)もありますので

実際に購入は現地の携帯を用いたtxtでのやりとりが必要になります。

txtとは日本でいうSMSです。携帯電話の番号でテキストメッセージをやりとりするあれです。

S_3914689532788

Simフリーのiphoneを現地で使うならこの赤枠のアプリです。

さてここで耳慣れないものが出てきます。

RWC(ロードワーシー)とREGO(レジストレーション)

です。

RWCは、「この車、工場整備通ったから売ってもいいよ。」

REGOは、「この車の対人無制限の保険付期間はあとどれぐらい残っているよ。」

という基準になります。(実際には違いますがこんなイメージでいいです。)

RWCは車を売る直前の整備点検証明書で必須項目になります。

REGOは切れてても自分で取れます。(排気量等で値段が異なります。日本の車検の3分の1程度の価格が目安。)

これは必ず自分の目で書類を見て確認してください。車を売りたい人がこれを持っていることは常識なので「あとで」とか「今ないけど、入金と同時に渡すよ。」とかは詐欺です。

【名義変更】

法律が年々変わるので確実な情報かはわかりませんが

2016年2月の時点では

QLD州の名義変更要件は州政府の「どうやって車両の名義変更をするのか?」にこうあります。
https://www.qld.gov.au/transport/registration/transfer/rego/index.htmlより

—————————————————————————————

Buying or receiving a vehicle

If you buy or receive a vehicle, you will need to submit your registration transfer request to a transport and motoring customer service centre or, if you live in a rural area, a QGAP office, Magistrates Court or local police station that provides vehicle registration services within 14 days of purchasing the vehicle.

Bring these documents with you:

—————————————————————————————

名義変更申請書とか変更先名義登録書が必要と書いてありますが、

ここら辺の書類は役所にそろっているので、その場でもらえばいいです。リンク先に書類のPDFがあるのでプリントして書いておくと処理がはやいというメリットがあるだけです。

パスポート・有効な免許証・住所証明・RWC・登録費(州によって違うはずですが私の場合は180ドル程度払いました。)をもって陸運局(QLDの場合はQueensland Transport)へGOです!

【任意保険加入】

対物の無い保険(REGO)だけではいざというときに無理です。かならず対物の保険も入りましょう。

これは結構簡単で銀行やColes(スーパーマーケット)で自動車買ったんだ!といえば教えてくれます。

180ドル程度が目安のようです。

【ロードサービス加入】

これもJAFに加入するべきかどうかという悩みと同一のものですが、中古車で海外なんです!
加入しましょう。ね?ね?
いろいろありますよ。日本みたいに狭い国じゃないんです。

車が煙を吹いたところは・・・隣町まで100㎞。

とかありえますよ。

ロードサービスの加入は任意保険やってるとこなら大体一緒に勧めてくるはずです。

プランに合わせて、150ドル程度を目安に考えておけば大丈夫です。

車の購入を最初から最後までまとめると

車が買いたい!

車を探す。
・みんなの味方 GUMTREE
・日本人の味方 日豪プレス
・車 in AUS carsales
・「secondhand car 地域名」
車を見つけた!
・TXT(SMS)を使って連絡
車をチェック
・RWC
・REGO
・試乗させてもらう。
・ブレーキがきくか
・エアコンがきくか
・エンジン音は正常か
・ウォッシャーはでるか
・ガソリンタンクのフタはあるか
・ヘッドライトはつくか
・ブレーキランプはつくか
・車内でガソリンのにおいがしないか
・電熱プラグは正常か
・シートベルトはあるか
・100㎞程度のスピードで車体がガタガタ言わないか
・総走行距離
・年式
・金額
・名義変更についてきてもらえるか
車を買う
・いつまでにいくら払うか
名義変更
・RWC
・REGO
・パスポート
・クレジットカード
・住所証明
・免許証
・登録費
任意保険
ロードサービス

お疲れ様でした!

さぁこれでカーオーナーです。
こんな景色待ってますよ。
3b9e93fa3d8c7dc0604620e718f93c3c_s

最高のドライブを!