【まずはこれから】海外活動からの転職方法!

スポンサーリンク

世の中に多々ある求人サイト。いったいどれがいいのか。
本当に無料なのか。注意点はあるのか。
転職フェア、求人サイト、無料情報誌などどれがいいのか。

労力が許すのであれば、全部登録し、全情報を精査して納得いくまで面接を繰り返すのが最良ではあるのですが、現実的ではありません。
生活費には限りがあるし、面接も疲れるし。

どうしても優先順位をつけないとやってられないのが現実ですが、
では、最良手はなんなのか「転職エージェント」です。

エージェントとは

転職サイトは自分でサイトの求人を見て応募するという使い方だけではありません。過去の就活の経験からそう思っている人が多いですが、転職市場にはエージェントという存在があります。

これは転職をサポートしてくれるサービスで、

・希望を聞いてあった求人を紹介してくれる。
・職務経歴書などの書き方をサポートしてくれる。
・サイトでは非公開の求人も扱っている。
年収交渉を代わりにしてくれる
・面接後に感触をヒヤリングしてくれる。
・面接の手配、スケジューリングをしてくれる。
・アピールを向こうの担当者にしておいてくれる。

という就活を楽にしてくれるメリットが多数あります。

なにより転職サポートは「紹介した人の月収×nヶ月」という報酬を企業からもらう報酬体系なので「給与を増やしたい」という利害がこちらと一致します。求人情報を載せるだけでお金になる求人サイトと違ってエージェントは採用に至らないと1円にもならないので結構頑張ってくれます。

正直使わない手はないのですが、これ、ブラック企業対策にはなりません
あくまで転職を楽にしてくれる人たちと考えて、過度な信頼はお勧めしません。
メリットが多数の反面、キャリアに専門性がないとマッチングが難しくなりますが、転職エージェントは最良手の一つです。
転職を考える場合はまずこれでしょう。

エージェントもいくつかありますが、基本的に扱っている案件が違うので複数登録が基本です。
転職はマイナビエージェント
リクルートエージェント
転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

下のバナーのワークポートも、優良エージェントの一つです。ですが「未経験」はIT系に偏っている気がします。


納得のいく転職のために!注意点!

スカウトは捨てよう!

自分の情報を入力しておけば企業からスカウトがくるというサービスです。聞いたことあると思います。
やめておいた方が無難です。
スカウトされるだけの情報をサイトに登録するのが手間というのもありますが、なによりスカウトは良い求人である可能性が非常に低いのが問題です。
もちろん勤務条件が自分にとってとても良い求人スカウトも0ではないんでしょうが、人を使いつぶす、次々人が辞めていくような企業からの求人が後を絶ちません。
それもそのはず、「黙っていても人が来る有名企業」「人が辞めない優良企業」はスカウト機能を使う必要がありません。募集をかければそれでOKなのです。スカウトと聞くと魅力的ですが、やめておいた方が無難です。

転職エージェントだけでは不十分。

転職エージェントと面談して、企業をピックアップしてもらって、面接を組んでもらうのは非常に楽で良いのですが、自分でも動いた方が当然確率は高まります。特に誰でも知ってる有名企業を狙うのではない場合は有効です。転職サイトに乗せるのは企業としても経費が掛かるのです。しかも結構高い。バイト募集の求人を載せるだけで、4週間で20万円とかザラです。企業は正社員1人採用するために普通に求人サイトに100万円とか払います。つまり、予算的に5個も6個もの求人サイトに募集を載せるのは無理な企業が多いのです。こちらから動いて、目立たない希望求人を拾い上げる必要があります。誰でも知ってる有名企業を狙うのではない場合、複数サイトに登録必須です。


口コミ・コネ

人のつては偉大です。仕事を探しているとSNSで公言しましょう。これまでの人のつながりによりますが、思ってもいないところから「ウチくる?」「紹介しようか?」と言ってもらえます。
世の社長さんは知っていますが、口コミ、コネ採用は優良な人の可能性が高いのです。とてもお勧めできないような人を紹介する人はあまりいませんから。
それにコネの場合は職に困っている人を採用するという行為自体が紹介者に一つ恩を売るという行為なので人脈的にもデメリットはありません。特に紹介で入社する場合、採用した方も採用された方も「紹介者の顔をつぶせない」と思う場合があるので、「非人道的な扱いをする」「仕事を怠ける」という可能性が低いのです。理想的なように聞こえるでしょうがコネ採用は意外に多いのが現状です。もしコネがあれば各自大手を振って使うべきです。

よい就職を!