セブ留学の最安値!!0円留学は18万8千円で行ける!

スポンサーリンク

学生はお金がない!

格安で留学に行きたい!

という人へ。

セブ留学の最安値ではあろうものはこの0円留学です。

0円留学などという大盤振る舞い宣伝文句をディスっていますが少なくとも行って悪影響はないと思っています。

ただ、何のためにセブへ行くのかを考えるといまいち「良質な留学」とはいえません。

「学校の選び方」や「留学ビジネスの欠点」など過去記事参照。留学を真剣に考えている方はそちらも是非。
提携校しか紹介できない!?セブ留学におけるエージェントの意味!
フィリピン留学の学校選び重要な要素は4つ!
フィリピン留学の学校選び 語学学校ビジネスの欠点と留学生の盲点

私の結論として、長くセブにいたい人や英語力もほしいけど、海外生活の経験も重視する人。

こういった人には0円留学は選択肢に入ると思います。

しかし、お金を払った留学ほど高品質ではありません。

なぜなら一日の授業日数が4時間だからです。

6時間のマンツーマン授業を受けるのがセブ留学の「標準」だと思いますが、

英語力の伸びは0円留学の場合、平均的なの語学留学に比べて33%ダウンです。

そりゃみんなが6時間やっている中で4時間しか授業でれないので効果が3分の2なのは当たり前です。

さらに4時間授業の前か後ろに4時間の日本語でのテレアポのお仕事が自動的にくっついてくるので、これでけっこう体力をやられます。

自習や復習をちゃんとするには、勉強がもともと習慣づいてることが必要でしょう。

ただ、英語力はちゃんと上がります。だって毎日4時間英語しゃべるんですもの。

ただほかの人が毎日6時間分上達するというだけで、あなたの英語力もちゃんと4時間分毎日上がります。

どーも僕です。

今回は0円留学です。


あたりまえです笑

実際、0円ではないです。航空券とか学生ビザ代金とかあります。

教科書代もかかるし、交通費や食費もかかります。

全然0円ではない。

でも、最安値であることだけは間違いないとおもいます。
だってこれ

4時間働いてくれたら

4時間分の英語の授業+宿泊費肩代わりします。

っていうプランなんです。

このプランは、働くのは午後もしくは午前中の4時間で、働かないほうに授業が入ります。

働く内容はコールセンターです。

日本に電話をかけて

「~~から電話しております~です。大変お得な商品のご説明を~お時間よろしいでしょうか?」

みたいな営業を延々平日毎日4時間やるような感じだと勝手に思ってます。

そしてその給料が授業料として支払われるアルバイトだと思えば間違いないと思います。

完全に0円ではないのはまぁわかるとして、結局いくら必要なの?という疑問に答えるためにざっと計算してみました。

4週間の0円留学(笑)はざっと計算すると188,300円でできます。

内訳

航空券往復 60000円
海外旅行保険 10000円
入学金 15,000円
空港お迎え代 1800円
海外送金手数料 3,000円
SSP代/SWP代 30000円
ACR I-Card代 10500円
ID代 600円
水道・光熱費 1800円/週
教材費 2000円 / 1冊
デポ 15000円
プラス 食費と遊び代 30000円

計 188,300円

4週の光熱費と教科書を仮に4冊購入で計算してます。

まぁデポジット(デポ)は帰国時に帰ってくるので15000引いてもよいですが、雑費で結局ちまちま追加されるので結論は変わらないんじゃないかと。パスポート取得代は入れてないですし。

労働の代わりに英語力・・・悪くはない・・・のか。

このパターンはすごい良く取り入れられていて、インターンシップで授業料無料!とかほかのセブ語学学校でもやっています。

セブ インターンシップ」とかで出てくるやつです。

まぁ、英語の授業に関してはどこの学校に行ってもそう変わるもんじゃないですし、何度も言いますが先生との性格の愛称が一番大事です笑、一日4時間授業でも仕事が4時間あるので暇じゃないですし。そう悪い話じゃないと思っています。

ただタイトルが「0円留学」なのが詐欺っぽくて気に食わないだけです。

4時間授業の4週間と考えれば最安値には間違いないです。

毎日4時間のコールセンター業務を「楽しい!」と言っている人は1人も見たことありませんが(普通のコールセンターバイトなので当然といえば当然)そのおかげで英語留学に安く行けるなら損はないんではないかと。

ただ当然ながら6時間授業をとっている人に比べると会話力の伸びは3分の2程度です。

私は自分で行く場合はこのパターンを選択肢に入れませんが、お金がない人はこの留学パターンもありです!

なお半年とかのセブ留学を考えて、インターン留学や0円留学を選ぶ人がいます。(名前が違うだけでほぼ同じもの。)

長ければ長いほどひと月当たりの必要金額は低くなるので、半年いるのならば月あたりの費用は10万円を切るくらいになるんではないでしょうか。

総額60万円で6か月間の海外留学・・・激安ですね。

ただ期間が長くなればなるほど給料がもらえるところで働けるオーストラリアやカナダのワーキングホリデーのほうが収支トータルは潤う可能性も出てきます。

まぁこれは海外で働くところを見つけられるかどうかというところからはじまるので

全員が順調にいくとは限らないプランでもあるのですが。

私の場合はオーストラリアでは2週間に300ドル程度しか稼げない仕事しか見つけることができずカツカツでした。セカンドワーホリの条件もあったし英語力もなかったとはいえ、今思えばもう少しましなところがあったような気もします笑

カナダではラッキーにも毎月10万円貯金できる仕事を見つけられたんですが。

ともかく選択肢はいろいろあります!

吟味してもよし!とりあえずいくのもよし!

フィリピン留学に必要な準備記事をまとめたガイドページはこちら

よい留学を!

コメント

  1. […] 詳しくは「セブ留学の最安値!!0円留学は18万8千円で行ける!」にあります。 […]