ケアンズで留学はじめました。 ケアンズ留学2018その1

スポンサーリンク

ケアンズに来ました!

学生ビザが下りたので、ケアンズで学生ビザ生活です。

2年ぶりの海外生活楽しみです。

さてケアンズについてそろそろひと月ですが、ブリスベンと比べてとても田舎です。

中心街と呼ばれる範囲は8ブロックとショッピングセンターがひとつ

その中でもお店が集中しているメインストリートは2本だけ。

山形や熊本の発展度とほぼ一緒と言えばごく一部の人には伝わるでしょうか?

東京で例えると渋谷センター街の建物をすべて2階建てにして通りを2つだけ残してあとは海と山にすると大体一緒です。

そう、とても田舎です。

メインストリートはシールズストリート(Shields St.)とエスペラネード(Esplanade)という2本の通りですが

こんな感じです

シールズストリート(Shields St.)

エスペラネード(Esplanade)

中心街を見て回るだけなら1日歩けばOKなくらいの範囲です。

ということはそれに比例して遊ぶところも少なく、観光も施設も少ないので落ち着いた環境と言えば聞こえはいいですが、単に田舎です。

ブリスベンも落ち着いた雰囲気と閑静な環境で勉学に向いた都市と言われていますが、きっちり国内3位ないし4位程度の発展度合はあって、博多や名古屋程度と言えばわかりやすいでしょうか。

キュランダとグレートバリアリーフの2つの世界遺産を軸に観光特化の都市なので1-2週間の滞在で暇をすることはありませんが、2か月を超えるような予定を組む場合はお勧めできません。

特に日本人が多い現状では、大学生の休み期間(8,9月と3月)に語学学校に通うプランは生徒10人のクラスで9人日本人とか普通にあります。

レベルが高いクラスになればなるほど日本人比率は減るので、すでに英語を話せてレベルアップを狙うならばまだましでしょうが、初級クラス、中級クラスの8月は日本人学級です。

それならば、シドニーかブリスベンかメルボルンをお勧めします。

そうはいってもケアンズがなんとなく気になっている人も多いと思います。

語学学校の日本人比率なんてどうでもいい!ケアンズに行ってみたいんだ!という人のために

これから2018年の4月までケアンズ在住の私がいろいろリポートします。

何かの参考になれば幸いです。

なんとなく読んだ感じ、あまりお勧めしていないのになぜ私がケアンズに決めたのか。

不思議に思っている人もいるかと思います。

こんなに田舎だと思わなかったからだよ!笑

でも、楽しんでいきます。

良い留学を!