英語あるある、テレビのニュースに注意!

スポンサーリンク

ワーホリに行きたい!決めたものの、いろいろ不安が多いですよね。

いろんな人のブログを読み漁ったり、体験談を探してみたり、無駄に現地の天気を確認したり笑

いろんな人の危機一髪体験を読んで不安を膨らませたり、クラスメイトとの旅行の記事を読んでうらやましく思ったり。

私もそうでした!笑

大丈夫です、みんなやります!

読んでたブログが一緒だった人と現地で出会ったりします笑

なんか話し合うなー、同じ知識持ってるなーと思ったら情報源が一緒だったとか笑

初海外生活です!!

どうせならたくさん不安になって、たくさん楽しくなりましょう!

現地に行っても

どうせ、バスの乗り方がわからない

人に聞いても答えが理解できない

なんかいきなり怒られた

バスが来ない

なんでバスが来ないかわからない

人に聞いても返答が聞き取れない

・・・いろいろあります!

スーパーの駐車場でバックで駐車したら後ろの車を運転してたおばちゃんに突然めっちゃ怒られたこともあります笑

駐車して車を降りたら、いきなり後ろから声かけられて

「naoiurciae!snafajco!sjudcnwlsdifalenfa!!!!!!This is not your country!」って言われました。

最後しか聞き取れていないけど駐車に対して文句言われてることはわかるんですね。

車を指さしながらめっちゃ僕に怒ってるし。

で、怒鳴り終わったらぷいと振り向いてスーパーに向かって歩いていくし。

もうね、ショボーンですよ。

言い返せないし、なんなら半分以上聞き取れていないし、顔真っ赤にしたおばちゃんはずんずんスーパーのほうに歩いて行ってるし。

突然予想外の敵意を浴びせられて、一人ポツンとショボーンですよ。

周り見たらたしかに私だけ逆むきに駐車してますけども。

もうね、車の横で立ちすくんだまま、元気の目盛りだけがずんずん下降ですよ。

買い物気分じゃなくなったし、スーパーとかもう行きたくないし、

そのまま車に乗って帰りますよね笑

その日はうじうじいろいろ考えてズーンとしてました笑

そんな思いでも今となってはいい思い出・・・なわけあるかーい!

いまでも嫌な思い出です。

思い出したら、やるせなさがよみがえってきた。

はぁ・・・

どーも僕です!

海外の楽しさを発信するこのブログ笑

楽しいことも、予想もつかないことも、いきなり英語で文句言われたりすることもある海外生活

いかがおすごしですか笑

さて、今回は英語ニュースについてのあるあるです。

日本語のニュースでもそうだと思うのですが、ニュース番組は基本的に事件や事故について扱います。

初めのうちは、テレビが何言ってるかわからないので、映像を見て警察がいるなーとか、ガンって単語があったから銃にまつわる事件なのかなーとかいう感じですが、

たまーに授業でニュースの内容を扱うんです。

その時初めて体験しましたが、

英語の文章でニュースを読むとすごいストレートに入ってくるんです。

本物の事件記事は私の心がきつい笑、ので

例えは、カチカチ山の中の文章で

引用:http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/04/01.htm

ウサギはタヌキの背中のやけどに、とうがらしの塗り薬をぬりました。
「うわーっ! 痛い、痛い! この薬はとっても痛いよー!」
「がまんしなよ。よく効く薬は、痛いもんだ」
 そう言ってウサギは、もっとぬりつけました。

このような、痛みが直接書いてある文章は英語で読むとさらに来るものがあります。

もう顔をしかめるほどストレートに入ってきます。

なんででしょうね?

母国語は読みなれているからでしょうか、自動的に防御がかかってダメージが軽減されている気がします。

フィリピン人の先生たちも2人に1人はすげーわかるといっていたので、あるあるなのではと思っています。

つまり、

英文の練習をやるときにはできるだけ明るいトピックでやると心が楽です。

イギリスの学者が世紀の大発見!

みたいなタイトルの時は感想は日本語の文章と変わりませんでした。

日本語で同じニュース読むより感動する!とかあればよかったのに、ネガティブ方面にだけ適用されるようです。

今回は英作文テスト!

・英語で事件のニュース読むとさらにクるものない?

と英語で言いたい!あなたなら何という!?

答えは何パターンもあります!だいたい海外生活3か月くらいでこのレベルはパッと作れるようになります。

私の回答

・When I read a sad news in English, it straightly hits me more than Japanese news, don`t you?

なお、これは間違いです!

意味は通じますが、

Japanese newsの部分はread it in Japaneseとしなければ対比としておかしいはずです・・・がついやっちゃうんですよね。

今、間違えたのでそのまま書いてみました。

日本語で直訳すると

英語で悲しいニュースを読んだとき、日本語のニュースを読むよりストレートに打たれない?

英語で悲しいニュースを読んだとき、日本語でニュースを読むよりストレートに打たれない?

という違いです。

日本語だとそんなに目立ちませんが、英語話者にとってどれほど目立つかはちょっとわかりません。

では、よい留学を!