ワーホリの携帯契約について結論だけ2016 オーストラリア体験記4

スポンサーリンク

日本でも携帯プランとか機種とかキャリアとかわけわからないのにオーストラリアでの携帯の契約の仕方とか調べたくもない!

わかりました!

まとめます!

ちょっと調べたらスマホレンタルとかSimレンタルとか3Gとか7GとかLTEとか4Gとか、・・・つかれた。

結論だけ!

どーもタツです。

こんな人に向けての記事です笑

詳しくやってしまえばそれこそサイトが1つ作れてしまうくらいの情報量があり、日々更新されています。

2015年にシムロック解除が義務化されて、ワーホリの携帯事情は大きく変わりましたし、

そりゃわけわかりません。

行ってみればイメージつくんですけど見てみないことには具体的なものはわかりませんし。

なのでとりあえず結論から。

■1年間都市部のみで暮らす予定の人
日本で手持ちのスマホをアンロックしてオーストラリア入国後にオプタス:Optusというオーストラリアで2番目に大きい携帯会社で契約
3GBシムカード購入なら30$/月 初月はカード代10$プラス

手順
1.日本で携帯のお店に行ってアンロックしてもらう(3240円かかるはず)
2.入国後Optusのお店で契約する。

■セカンドワーホリビザを視野に入れている人
日本で手持ちのスマホをアンロックしてオーストラリア入国後テルストラ:Telstraという1番大きい会社で契約
2.6GBシムカード購入なら$30/月 田舎に行ったら $40/月のプランに変更

手順
1.日本で携帯のお店に行ってアンロックしてもらう(3240円かかるはず)
2.入国後Telstraのお店で契約する。

こうなります!

だいたいのワーホリの人は携帯をオプタスという会社で契約します。イメージでいうとauくらいの安定感があります。
安さと通信網のバランスがいいので、ここでやっておけばまず1年間困ることはありません、ではなぜTelstraも進めているのか、

Telstraはオーストラリア最大手で多少割高な分、国内最大の携帯通信網を持っています。
日本でいうとDocomoもしくはNTTにあたります。割高にもかかわらず、セカンドワーホリを狙う人にはこちらを勧めます。

なぜなら私が田舎(”ど”がつく本当の田舎)に行ったらTelstraしか電波が入らず、オーストラリアにいるのに携帯を買い足して2台持ちにせざるを得ない時期があったからです!(2012年8月当時)

日本でいうと九州の熊本県上益城郡に働きにいったらauの電波が入らずDocomoしか通じない地域だったという感じです。

オーストラリアでセカンドワーホリを狙う人は一定数います。だいたいはファームジョブを狙って地方へ飛ぶはずなのでとんだ先がど田舎の可能性があります。

大都市から車で3時間程度の田舎であればOptusで十分なんですが、

ただ、私がカナナラというド田舎に飛んだとき、非常にこまったのです!笑

カナナラの一番栄えている区画
a-2

この奥にスーパーとか安宿とかある。

セカンドワーホリを狙う人は安さとこのほんのちょっとのリスクの天秤を図ってみてください笑
なお、現状カナナラで他の携帯が使えるようになったかどうかはわかりません。
もしかしたらあれから時間がたっているので可能かもしれません。Optusの人は情報を探してから出かけるようにしてください。

本当にざっくりわかりやすく説明していますが、このとおりやっても無用な損はとりあえずしません。
もうめんどくさい!わからない!という人はこれでいいでしょう。

情報を調べたらいろんな会社がいろんなプランを出していますがオーストラリアは使い放題定額プランが存在しないのでどれだけチャージするかで料金が違います。
日本で7GBの制限を使い切る人がオーストラリアで同じ生活をしようと思ったら、月額はおおよそ40ドル程度の課金になるでしょうし、予定外にデータ通信の多い月でも月途中の課金ができます。

よい留学を!

コメント

  1. […] 番号しか書いてないし、携帯通じなかったから大変な思い(ワーホリの携帯契約について結論だけ2016 オーストラリア体験記4参照)して新しい回線接続して電話したら「埋まってる」 […]